​自然に自分の力で生むということ

自分で陣痛を起こし、
子宮口を開け、赤ん坊が膣を通り、会陰を開け、外の世界に出てくること。
自然の力で生むということは、ただシンプルな出来事。
でも、それが今はシンプルに行われにくいとすれば何が原因?​何が女性の力を妨げているの?
「自然に自分で生みたい!」と願うなら真剣にその「何か?」を整えるべく、とりくむ必要があるのです。
だ、助産院の畳のお部屋で出産して赤ちゃんを迎えるというイメージではなく、
妊娠中(妊娠前)からのとりくみこそが「自分の力で生む」ということだと理解して頂けたらと思うのです。

東京都立川市若葉町2丁目1-1

​042-534-9877

© 2023 山あり谷あり Wix.comを使って作成されました